Olympus XAというオンリーワンなカメラ

どんなカメラ? 1979年にオリンパスが発売したコンパクトカメラ、Olympus XA。 ハーフカメラのPEN、一眼レフのOMシリーズを手掛けた米谷美久氏デザイン。レンズを守るバリアが電源スイッチの役割も担っているという、なんて素晴らしいデ…

横浪修さんと濱田英明さんのトークイベントに行ってきた

土曜日に青山ブックセンター本店で行われた、横浪修さんの新しい写真集「PRIMAL」を記念したトークイベントへ行ってきました。 濱田さんが聞き手になって横浪さんの話しを聞く形で、お二人とも関西の出身ということもあり(?)笑いの絶えない楽しい9…

Kodak Color Plus 200というフィルム

普段はブローニーでも35mmでもKodakのPortra 400を常用しています。晴天の日中で撮りきれそうな場合、35mmではPortra 160やフジの業務用フィルム100を使ったりもするのですが、この度、前から気になっていたKodakの…

ウエストレベルファインダーのすすめ

いきなりタイトルから唐突すぎて困惑されてる方ばかりかと思いますが、今回もニッチなテーマで進めていきます。いやススメていきます。 ウエストレベルファインダーのカメラで撮った写真を散りばめながら、オススメポイントなどを。(フィルムカメラの話しで…

フィルム写真のデータ整理をどうするか

フィルムカメラで撮った写真には当然ですがExif情報が残りません。(使用したスキャナーとかアプリケーションは残るかもしれません。)そんなまっさらな画像データをどうやって整理していくか、というのは結構大きな問題です。日々フィルム写真を撮る中で…

Hasselblad 500C/Mで撮るポートレート

はじめに 昨年2018年の1月からメインのカメラとして使っているカメラHasselblad 500C/M。使い始めて約1年、フィルムの本数でいうと25本ほど(意外と少なかった…)撮ってみて、そろそろやっと手にも馴染んできた感があります。 振…

夏がとまらない、がとまらない夏

以前からTwitterでフォローはしていて、アップされる1ページ漫画に尋常じゃない面白さを感じていた、藤岡拓太郎さん初めての単行本。 基本的には、頭のおかしいキャラクター(大体おっさん)が気持ち悪い言動繰り広げる、といった内容です。 控えめ…

ネガフィルムのスキャンをどこにお願いするか、それが問題だ

アナログなカメラで撮ったネガフィルムは現像後、スキャンしてデジタル化しないとブログで使うこともインスタにアップすることもできません。 デジタル使用前提でわざわざなぜフィルムカメラで写真を撮るのか、自分でも時々よくわからなくなるのですが、、で…

物質性への憧れ

Web系の仕事をなりわいにしていると、分解していくと0と1でしかないデータを日々相手にしていることへの気後れ?のようなものを時々感じる。 その思いへの反発として、触れられるもの、実際にそこに在るものを作る事・人への憧れもある。 マウスとキー…

今この時だけの習慣

我が家では最近、用を足したついでにトイレットペーパーを数十センチ切り出して畳んで脇の棚板に置いておく、という習慣が出来上がりつつある。 これ何のためかというと、一通り自分だけでトイレを済ませられるようになったものの、ホルダーまで手を伸ばして…

すでに遠い過去のようになった日々を思う

2016年9月12日から2017年9月11日までの1年間、毎日写真を撮って、撮った写真をその日のうちにネットにあげる、という至極個人的な試みをしてました。 いつでもその写真達を振り返られるように、見せ方をちょっとだけ整えました。こちらです。…

月極なんで

今朝通勤のため自転車で走っていると、「そこ月極なんで、車停めないでください!」と大きな声を出している人がいた。 樹木管理のためのごみ収集車が確かに駐車場の入口をふさぐ形で停められている。 作業する場所へと既に歩きはじめていた清掃員さんたちを…

初めてのキャンプ

インドア体質なこともあってこの歳まで未経験だったキャンプというものを、初めて体験しました。 朝もやの中じっくりとドリッパーで挿れたコーヒーを味わう、的なの想像してたけどとんでもなかった。あんなに忙しいもんだとは思わなかった。。 下の子(1歳…

露出について考えてみて、わかったようなわからないような

露出計のついてないカメラで写真を撮る時には、自分で露出を計って、それに合せてどう撮るかを決めないといけないんです、これが。 露出を測る方法は露出計使う、スマホのアプリ使う、目視で勘、など色々。 ネガフィルムで撮ってる限りはそんなにシビアに考…

初めてのハッセルブラッド

生まれて初めてハッセルブラッドを使って撮ってみた。 近場をぶらぶらしながら1日でフィルム1本撮ってみた。わくわくしながらいざ現像されて帰ってきた写真を見てみると、盛大に光が漏れている。。 昼間の屋外で撮った全てで左側に露光の跡。フィルムマガ…

時間の捉え方が変わってきた

歳をとると時間の流れを早く感じるようになるとよく言われるけど、それは最近特に身をもって強く感じるようになっていて、子供を見ているとすごく短いスパンで生きてるんだろうなと感じることが多い。 ものを買う時の行動をとってみても、これを買ってどれく…

ブローニーフィルムの大きさを改めて感じる

手元にある135フィルム(35mm)と120フィルム(ブローニー)をぶら下げてみました。 左が35mmで、真ん中と右がブローニーです。ブローニーの中でも真ん中が6×4.5(ロクヨンゴ)、右が6×6(ロクロク)と呼ばれる規格サイズです。これが…

中判カメラPENTAX 645NIIについての色々

今現在メイン機として使用しているPENTAX 645NIIについてです。 2001年に発売開始されて今現在も販売されている中判というフォーマットのカメラ。初代PENTAX 645の後継機で、中判でありながらオートフォーカスが使えるという、な…

開けられない事と閉められない事、異なるアプローチが持つ意味

先日、ドラム式洗濯機に閉じ込めらて5歳の男の子が亡くなったというニュースを見ました。以前から同様の事後が度々起こっています。とても痛ましい事故で、同じ子を持つ親として想像するのも辛いです。 いくつかのメディアでニュース記事を読むと何れにも「…

Third Wave Wichteln 2017

今年もというか昨年も、知らない人からコーヒーを送ってもらい、知らない人へコーヒーを送るイベントに参加しました。 今年はイギリスからコーヒーに加えてチャイとかエコバックとか色々詰めてくれてとても豪華でした! で、自分が送った方はと言うと、昨年…